狭心症の原因は動脈硬化

狭心症の原因は動脈硬化

冠動脈が細くなって、胸に痛みや締め付けなどの発作が起こる狭心症の原因はほとんどが動脈硬化です。動脈硬化は生活習慣病のリスクとして知られていますが、病名ではなく血管状態を表す言葉です。動脈硬化は悪玉コレステロールの増加によって血管が細くなったり、加齢によって血管が脆くなることで起こりやすくなります。食事のコントロール、定期的な運動、過剰な飲酒の制限、水分摂取など生活習慣の見直しをして、動脈硬化を悪化させないようにすれば、狭心症の発作が起こりにくくなります。

 

体内環境が高血圧、善玉コレステロールの減少、脂質異常症、高血糖になっていることも大きな要因となります。高血圧は血液が強い圧力で流れるので、血管を脆くするリスクが高くなります。また慢性的に高血糖状態が続くのは糖尿病の特徴です。動脈硬化の原因でもある肥満や脂肪肝になっている人が多いです。また脂質異常症は肥満でも見られる症状で、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪値が非常に高くなったり、善玉コレステロールが減少します。善玉コレステロールが少なすぎると動脈硬化を起こしやすくなるので、血液中のコレステロール値のバランスを整えることが大事になります。

 

狭心症の原因とは少し異なりますが、狭心症の主な要因となる動脈硬化は、特に中年以降の男性に多く見られるという特長があります。中年以降の男性は、外食が多い、飲酒・喫煙の機会が多い、ストレスの蓄積など狭心症を誘因する動脈硬化にかかりやすい環境下にあるためと考えられます。さらに喫煙の習慣がある人も注意が必要です。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるので、血圧が高くなりやすいです。成人病やメタボリックシンドロームの予防をすることで狭心症にかかりにくくできます。