狭心症とは

狭心症とは

狭心症とは、心臓の血管が狭くなる病気で、血液の流れが悪くなるため胸に圧迫感や痛みを感じます。症状には常に痛みがある場合や、突発的に痛みを感じる場合、発作のタイミングか常に同じ、あるいは発作のタイミングが常にバラバラ、などいくつかあります。主な原因は動脈硬化ですが、動脈硬化になる原因には糖尿病、肥満、高血圧、高脂血症などがあります。動脈硬化は血管の内側に脂肪細胞が付着・堆積する疾患で、血液の通り道が細くなるだけでなく、血管内に付着した脂肪細胞が血栓になって血管を詰まらせることもあります。

 

胸に痛みがあるなど体調不良を感じたら、なるべく早く診察を受けることが大切です。検査は心電図が一般的な方法で、全ての心臓の検査で行われます。心疾患の種類によって心電図の波形に特徴があります。もう一段階進んだ検査では、トレッドミル試験を行います。トレーニングジムにあるランニングマシンのような検査機器を称して、心臓に負荷をかけながら検査をします。心臓の動きや血栓の確認にエコー検査も併用して行うことが多いです。さらに初期検査で狭心症の可能性が高くなった場合に、心臓カテーテル検査やセチルコリン負荷試験、心臓CT検査を行います。

 

狭心症は重症化すると心臓の筋肉にダメージを与えます。狭心症は早期に治療を行えば、心臓に負担をかけることは全くないので早期発見と治療が大切です。病気の原因は肥満、飲酒、喫煙、運動不足、暴飲暴食など生活習慣の乱れです。食事は出来るだけ脂質やカロリーの高い食事は避け、飲酒・喫煙はほどほどにすることが大切です。また定期的な運動をして肥満を改善することも予防策として有効です。また過度なストレスも心臓に負担がかかるので、出来るだけ心身をリラックスさせる時間を設けることも必要です。