心筋梗塞と狭心症の治療について

心筋梗塞と狭心症の治療について

心筋梗塞とは冠動脈が詰まって血液が完全に流れなくなり、心筋が壊死する心疾患です。狭心症は冠動脈の血管壁にコレステロールなどが付着して細くなっている状態で、血液が流れにくくなっています。多少でも心臓には血液が贈られている状態なので、心筋が壊死することはなく、投薬もしくは手術による適切な治療を行えば、回復できる疾患です。

 

心筋梗塞・狭心症ともに原因は冠動脈に発症した動脈硬化です。動脈硬化は血管が固くなる状態で、年齢を重ねれば誰にでも起こりますが、生活習慣や食生活によっては予防や改善が可能です。

 

心筋梗塞と狭心症の発作は似ていて、胸に痛みを感じたり、圧迫感や締め付け感があります。また胸からみぞおちの広い範囲に症状があらわれます。場合によっては背中や肩、左腕に痛みやしびれが生じたり、冷や汗、吐き気、脂汗、胃痛などの症状が出る人もいます。一般に狭心症が重症化すると心筋梗塞になると考えられいるので、狭心症に似た症状を感じたら早期に専門機関での検査が必要です。

 

心筋梗塞や狭心症の原因は冠動脈にありますが、冠動脈は左前下行枝・左回旋枝・右冠動脈の3本で構成されています。3本血管の詰まり具合を正確に確認するにし、心臓カテーテル検査をします。その前に心疾患であることを確認するために、血液や尿の検査、心電図、心エコー、画像診断などの複数の検査も行います。検査の結果、狭心症もしくは心筋梗塞であった場合、投薬によって血管拡張・発作の抑制を行います。投薬ののみの治療は軽度の狭心症の場合がほとんどで、症状が進んでいる場合には、投薬だけでなく、カテーテル手術かバイパス手術を行って回復を図ります。

 

カテーテル手術は、患者への精神的・肉体的負担が軽く、短期間の入院で回復しやすいのが特徴です。対してバイパス手術は開胸が必要なので、回復までには入院が2週間前後必要ですが、複雑な病変に有効な手術です。