安静時狭心症について

安静時狭心症について

発作が起こるタイミングで症状を分類すると、安静時狭心症と労作狭心症に分けることが出来ます。安静時狭心症は、名称の通りに安静時に発作が起こるもので、タイミングは就寝中、日の出頃が多いです。全ての狭心症の発作の原因として共通していることは、冠動脈が動脈硬化によって狭くなって血行が悪くなっているということですが、

 

安静時狭心症の場合には、血管が著しく狭くなっていなくても発作が起きるという特徴があります。血管にダメージがなくても胸の痛みや圧迫感などの症状が起きるのは、冠動脈の攣縮が大きく関わっていると考えられています。急激にけいれんしている間は、血管が通常より太くなったり、細くなったりを繰り返すため、一時的に血行が悪くなり狭心症の症状が起きやすくなります。

 

病気の確認は、血液検査、心電図、心エコー、レントゲン、冠動脈造影などで行うのが一般的で、労作性なら運動負荷試験を追加で行えば病状の確認が出来ます。しかし動脈硬化などの血管のダメージが原因でない場合には、発作が起きている時でなければ、病状の確定がしにくいです。ホルター心電図で24時間モニターする検査を行っても、発作が確認できなければ、複数回のモニタリングが必要となります。

 

血管そのものに問題がない安静時狭心症の治療では、カテーテル、ステント、バイパス手術の必要はなく、血管の緊張や攣縮を抑制するのが有効なので、カルシウム拮抗薬、β遮断薬などによる薬物で改善を目指します。根本的な症状の改善には薬効かありませんが、発作時の胸の痛みや息苦しさを即効で改善するためには舌下錠剤やスプレーも有効で、動脈硬化を予防し血栓を予防には、抗血小板薬が効果的なので病状によって処方されます。