冠攣縮性狭心症について

冠攣縮性狭心症について

狭心症は冠動脈の内部が狭くなって、血液が十分に届きにくくなる病気ですが、発作の起こり方によって特徴的な症状があります。発作の起こるタイミングで分けると安定型と不安定型、活動時か安静時かで分けると労作性と冠攣縮性に分けられます。不安定型および安静時型で発作が起こるのが冠攣縮性狭心症の特徴で、就寝中・起床時の体を動かしていない時に胸部痛や息苦しさなどを発症します。冠攣縮は冠動脈がけいれんすることを指しますが、けいれんは一瞬で継続性がないので、集団検診の心電図検査などでは発見されにくいのが特徴です。早期発見ができれば、食生活のコントロールだけでも改善が見込めるので、異変を感じたら一刻も早く専門医の診断を受けたほうが安心です。

 

狭心症の主な原因は動脈硬化ですが、冠攣縮性狭心症は日本人の男性の発症例が多く、動脈硬化の症状がなくても発作が起こります。原因としてストレス、睡眠不足、喫煙、飲酒、寒暖差などがあります。最も危険因子となっているのは喫煙で、ニコチンは血圧を高くしたり、血液の拍出量を増やす働きがあり、心肺に大量の酸素が必要となります。すでに動脈硬化が進んでいる場合には酸素不足になりやすいので、タバコを吸ったとたんに狭心症の発作が起こるリスクが高くなります。冠攣縮性狭心症を予防するには、まず禁煙が必要で、飲酒もほどほどにします。睡眠、バランスに良い食事、ストレスの軽減のために規則正しい生活を心がけると良いでしょう。

 

検査の結果、冠攣縮性狭心症と診断された場合、血管を広げる働きがある硝酸薬や血圧を安定させる効果のあるカルシウム拮抗薬など、冠攣縮を起こりにくくする薬が処方されます。発作が起こらなくなったとしても、自己判断で服用を中止するのは良くありません。医師の指示通りに量と時間を守って服用します。