狭心症の治療方法について

狭心症の治療方法について

狭心症の治療方法には、薬の処方、カテーテル手術、バイパス手術などの方法があります。治療方法の選択は、診断結果によって、医師が判断をしますが、年齢、他の疾患の有無、冠動脈の状態、病状の進行具合などから総合的に判断して行われます。狭心症には、発作の種類によって複数の症状があるので、治療方法の選択までには入念な検査が必要です。

 

狭心症の場合、薬の処方による治療では、緊急時には即効性のある舌下錠やスプレーを使用しますが、発作の予防薬として血管拡張の働きがある硝酸薬やカルシウム拮抗薬を使用します。また動脈硬化が進行している場合には、血液をサラサラにするために抗血小板薬、心臓の働きをサポートするβ遮断薬が処方されることもあります。

 

手術による治療のうち、カテーテル手術は動脈硬化を起こして狭くなっている血管をバルーンで拡げてステントを挿入して、血流を確保する治療方法です。開胸しないので傷口は小さく、短期間の入院で済みます。場合によっては日帰り手術も可能です。患者への負担が軽いので、回復までの期間は短くて済みますが、カテーテル手術は医師の高い技術が必要なため、インフォームドコンセントをしっかりと受けて、納得してから治療を受けることが大切です。

 

一方のバイパス手術は、動脈硬化を起こすなどして狭くなっている血管に他の部分から切除した血管をつないで、血流を確保する治療方法です。病状が進行していて、病変部位が複数ある場合の治療方法として選択されるケースが多いです。人工心肺装置を使用して、全身の血流を確保しながら行う大掛かりな手術でしたが、人工心肺装置を使用しない手術も行われています。ただカテーテル手術と比較すると、患者にかかる体の負担は大きく、3週間程度の入院が必要です。